これまでローストビーフは
低温調理器

低温のオーブンでひたすら焼く
で作っておりましたが、

難しい道具は必要なし、
簡単で美味しくできる、
フライパンとアルミ箔で作る簡単なローストビーフを紹介します。
1-beeff
1キロのアメリカ産肩ロース牛をいただいちゃいました!
それを半分に切って、
500gの塊を2本用意します。
1-IMG_5643
表面に重さ1パーセントの塩と適量の胡椒を刷り込んで
大さじ2(500gにつき大さじ1)のオリーブオイルで焼き付けていきます。

全面に軽く焦げ目をつけたら、
最後に20gのバターを加えてもう一焼き!
1-IMG_5651
「このままでもおいしそう」
「もう食べられるんじゃない?」
外野(子供たち)がうるさいですが
もう少し我慢ですよ。
1-IMG_5654
アルミ箔でぴっちり包みます。

蒸し焼きにするので空気が中に残らないように。

蓋をして一面を弱火で2分、
蓋を開けて転がして、別の面を弱火で2分、
を4面繰り返したら、
蓋を外して10分放置。
1-IMG_5656
以上で出来上がり!

完全に冷ましてから薄くカットします。

500gx2本のローストビーフ。
最初はローストビーフ寿司にしました。

お酢の代わりにレモンを使っています。
レモン:砂糖:塩=4:1:少々の割合で
レモンすし酢を作りました。

酸味がさわやかで、
1-IMG_5720
アルミ箔に残った肉汁に醤油を加えたソースと
よく合います。
1-beaf
翌日はローストビーフサンドイッチに。

長男と次男で8枚切りの食パンを1斤食べちゃいました
20歳、18歳男子ならそんなものなのね
1-beef
もっと用意したらよかった。

あっという間に1キロの牛肉が2回の食事でなくなりました。

いつもは赤身で作っていたローストビーフですが
「肩ロース」で作ってみたら
適当な脂も入っていい感じでした。
アメリカ産の牛肉で作るのでリーズナブル。

難点はなかなか塊の肩ロース牛が見つからないこと

最終的に「肉のハナマサ」で入手しました。
100g250円弱だったと思います。
-----------------------------------------------------
フォロワー2.3万人ありがとうございます。
Instagramはこちらから
IMGP0873
★cuteobento★

-----------------------------------------------------
iPhonexsにしてから毎日一日一猫写真を撮っています。
きょうのいちまい・まろ&はな
2016-06-05
はこちらから

-----------------------------------------------------
まろ&はなのLINEスタンプ作りました!
くろねこまろとサバ白はなのLINEスタンプ
おいしいくない

-----------------------------------------------------