Tag猫写真

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------ちょっと大きめの紙袋はまろはなのいいおもちゃになり

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------IKEAでフライパンと(28㎝!!使いこなせるのかな?)

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------は・・・はなの寝方が・・・(笑)なんでこうなっちゃっ

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------昨日、実家へ行ってご馳走をいただいてきました!お年

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------お気に入りのアマゾン箱。取り合いになるので小さい箱

2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)朝起きてリビングに行くとちょこんと揃って座って朝ご飯の催促。あんまりかわいいので写真を撮っていたらはなの面白い顔も撮れた!(笑)ご飯をあげたらアライグマが!!

2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)お気に入りのアマゾン箱でお昼寝中。まろはへそ天でリラックス、はなもぴったり添い寝しながら、グルーミング。ですが、この密着度とグルーミングがケンカの前兆だった

2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)掃除の最中に出てきた使っていないiPhone。写真を撮るのに猫の鳴き声のアプリをダウンロードしてみたらはなの反応がすごい!まろは動じないけれど「おかーしゃん、おか

2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)懐かしいお弁当写真と一緒に出てきたのがまろはなの小さい時の写真。4年前のちょうど今頃。はなが小さくてガリガリの頃。2か月半くらいだったと思います。まろは半年

2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)はなのアトピーは一進一退。なかなか完治まではたどりつけず。。。今日は「退」の日。・・・・そんな日もあるよね。久々のカラー(100均のシャンプーハットで作ったハン

今日はさんさんといい日差しが。今日も大掃除ならぬ、小掃除。昨日はお弁当箱とクッキー型の整理、今日はリビングと次男の部屋の窓ふき。明日は長男の部屋の窓ふきと、リビングの本棚の整理。・・・お正月前に終わるのかな・・・終わらないかも・・・いや、終わらせなくては

この箱、いつから使っているんだろう中にクッションを入れたらいい感じにたわんでまろはなのお気に入りスペースになってしまった。時々外に出して、上下干ししたりはしているんだけど正直捨てたい。捨てようかな、まろはな気に入ってるし、どうしようかな、クッションカバー

2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)友人が犬を飼い始めて「イヌ友」ができ、「アレックス(仮名:ワンちゃんの名前)ママ」と呼ばれている、と聞いた時には笑ったけれど、今はわかります。私にも「ねこ友

家の大掃除だけでなくパソコンのストレージを整理していたら懐かしい写真がいっぱい出てきました。庭の門の中ならば私の監視付きでお散歩させていた時。はなは呼ぶとすぐに帰ってくるのでハーネスはしていません。まろは生粋の野良猫なのでお外に出ると野生が目覚めてしまう

↑このページのトップへ