Tag猫のこと

出先から帰ってきたらおばあちゃん(義母)が玄関で、「まろちゃんにお土産の猫じゃらし(エノコロクサ)持ってきたらあっという間に食べちゃったわ」私「あれ、好きなんですよー」なんて会話をしてリビングに行ったらまろのお顔に緑のチクチクがたくさんついてましたあらあ

うとうとするまろをなんとなく見ていたら、左右の目の色が違う気がした。左が緑っぽくて右が黄色。・・・・写真で見ると同じ色に見えるけれど。まろの目の色ははなの目の色とも違う。まろのほうがグリーンが濃い。はなは黄色かな。それとも黒猫だから、目の色が映えるのかし

今朝長男からLINEが来ました。「こっちは晴れてるけど、そっちはどう?」長男は昨日から台湾に行っています。出発が昨日でよかった!今日だったら飛行機飛んでなかったかも。・・・というより、電車に乗れてなかったかも。9時過ぎに家を出た夫が11時過ぎに戻ってきました

日光不足ではなは十分に日向ぼっこができませんが、一つだけいいことも。ちょっぴり薄暗い曇りの日はにゃんずのお目目がまるくなるのです。きゅるん♪と💛💛はなちゃん、こっち向いてー。と言ったら、こっちに来ちゃいました(笑))ああっっピントが合っていたら、まんまる

はなちゃん、具合が悪いです。一進一退。調子が良いなーと思うとぐんと下がる。太陽がやっぱり足りてない??今日はエリザベスカラーが必要です。こちらは健康優良児のまろくん。元野良猫、食べられるときは食べ寝られるときは寝、生きる力の強いこと。はなは基本的に抱っこ

猫を飼い始めてから猫テーマのお弁当を作る機会が多くなりました。まろ&はな。我が家に来て初めての冬の写真だと思います。まろ8か月、はな3か月くらい?天使!!今でも天使、ずーーーっと天使(親ばか)ブタくんと見せかけて型をひっくり返すと猫も作れます。猫パン。自

今日の最高気温は34度。幾分このところの気温(36~38?)から比べると低いとはいえ異常ですね、、この暑さ。エアコン嫌いのはなも溶けてます。昨日、行きつけの動物病院がお盆休みに入る前にはなのアレルギーの様子を見てもらいに行ってきました。相変わらずお腹はま

「ボブという名の猫」見ました!(今更ではありますが・・・イギリスでは2016年公開)夢破れ、ホームレスになった薬物依存症のジェームスが野良猫のボブとの出会いから自分の人生を立て直すまでの物語。実話だそうです。Youtubeにも実際の映像があります。(3月の「アン

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)----------------------------------------------------昨晩は冷え込んだせいか、二匹も私の布団の中に。両方と

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------一緒に寝ていたまろが起き上がってお気に入りの箱から

----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------朝、夫、子供たちを送り出してふと見たら、はな、ベロち

今年の冬は例年より布団から出るのがおっくうです。はなが、私の腕枕で寝るようになったのですよ!!!警戒心が強く、神経質で臆病でまろの顔色をうかがっていたはなが空気を読まずに、私の布団にぐいぐい入ってくるようになりました(笑)知らん顔して背中を向けていると私の

紙袋の底に穴を開けてみました。こういう「覗き穴」的なもの、ねこってすきですよね興味津々です。せっかく面白い写真が撮れたのにピントがずれてしまいました。ものの10分で紙袋はボロボロにまろ編もあります。明日はまろと覗き穴紙袋をアップしたいと思います。

買い物から帰った来たらあらら!お邪魔だったみたいです(笑)普段は仲がいいんだか悪いんだか、適度な距離でいる二匹ですが、寒くなると2匹の距離が近づきます。この二匹の間に冷たい私の手を入れてぬくもりを堪能するのも冬の楽しみだったりします。

思えばこの子たちにはいろいろなコスプレ(?)をお願いしてきました。不幸中の幸いなのかアレルギー持ちのはなは、小さい時からお腹舐め防止のお洋服を着ていたせいもあって、被り物、着るものにはあまり抵抗がないようです。*個体差があります。嫌がる子にはお洋服はNGで

↑このページのトップへ