Tag海苔巻き

BOOKS---------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------三毛猫色の海苔巻きです。おかか寿司飯とゆかり寿司

新しいおもちゃがやってきました(笑)ずっと前から欲しいと思っていたガスバーナー。これでプリンを炙ったり鮭を炙ったり、お寿司を炙ったりしたら楽しいんじゃないかと。お値段は意外とリーズナブル。 ボンベとトップをセットして、黒いつまみを回して、「シュー」と音

先日富士山を見てぴぴっとひらめいた富士山海苔巻き。子供に見てもらったら「びみょー」ですってうん・・・・確かにちょっと微妙かも・・・・。もう少し、ゆかりの量を増やして白い部分と山(青)の部分のメリハリを付けないとダメですね。それか海苔を間に挟むとか。こんな

前は白ご飯の上に、●おかか●すりごま白(塩)ごはんを乗せて巻いていたんだけれども今回はこんな感じに散らしてみました。出来上がりはこんな感じ。前よりはうまく3色出ているけれど私が作りたいのはこれじゃない。こんな感じをイメージしてたんだけど多分、おかかを海苔で

本当は三毛猫になるはずだったのですが、色付きご飯を置く位置を間違えました。三毛はまたリベンジします!が、せっかく巻いたのでにゃんこにしました。チーズのお耳とお鼻、海苔で目を付けて、3にゃん分のおひげの海苔を付ける気力がなかったので、1匹だけ。ああ、やっぱり

海苔巻き苦手・・・・いつも巻きが甘くてご飯がほろほろ崩れてしまう・・・。まだまだ修行が足りません若いころ、アメリカ(LA)に3か月ほどいたことがあります。サンタモニカだったか、トーランスだったかのお寿司屋さんで食べた「フィラデルフィアロール」その当時は本当に

月曜で子供たちの給食が終わりました!子どもたちが試作の消化を手伝ってくれました^^海苔巻きの練習、続けています。やっと気付きました。裏巻きにするときは、ご飯の端を少し残して海苔を上に置かないといけないんですね。(ご飯が少し見えるくらいの大きさの海苔を上に

↑このページのトップへ