Tag息子弁当

先日の息子弁当&私のお弁当です。実家の母から差し入れが届きました!母の家庭菜園で取れたお野菜とお肉、醤油、砂糖、めんつゆ、焼き肉のたれ、ケチャップ、ドレッシング、ポテトチップにR-1・・・・お肉、その他はうちに来る途中のスーパーで買うみたいです娘がアラフィ

レバーが苦手です。私も子供たちも食べられないことはありませんが、できれば食べたくない・・・けれども、夫がレバー好きなのでなんとか食卓にも上げたいと練習中とにかく臭み消しに努めてみました。◆下処理①レバーは脂肪と血を取り除き、塩水につける。(200㏄に対し

昨日の息子弁当。一見エビフライのように見えますが、アスパラメンチカツです。アスパラの周りにメンチ種(ひき肉&みじん切り玉ねぎ)を巻き付けて揚げるだけ。(アスパラには、メンチ種がはがれないよう小麦粉を振っておきます)アスパラは細めのものを使ったので、下茹で

毎日2パターンのお弁当を作っています。片方は息子用、小さい方は私のお昼ご飯。基本的におかずは同じです。お弁当として作ったもののサブとして「キャラ」「かわいい」を作ることにしています。来年、シンガポールから本が出版されるのですがその内容のまとめの中で、海外

冷蔵庫に少しずつ残った野菜、練り物で天ぷらをよく作ります。半端なカボチャ1本だけ残ったアスパラガス、食べそうで食べないかにかまなどお弁当にはもってこい。衣をつけて揚げると、それなりに見えます。衣はだいたい(特に計らないのですが💦)水1に対して小麦粉が1.2くら

今日の息子のお弁当は生姜焼きでした!私は豚肉の中では「肩ロース」が一番好きです。野菜炒めでも豚汁でも生姜焼きでも肩ロースの薄切りを使う頻度が非常に高いです。生姜焼きには、ロースの薄切りを使うのが一般的ですが、冷めてから食べるお弁当用には適度な脂肪と赤身が

先日、夜遅い時間にスーパーに行ったらマグロの柵が半額以下に!購入したのは4/10。翌日のお弁当に火を通していただくことに。マグロカツ~~マグロカツ、大好きなのです。ロースとヒレの中間くらい。脂っこすぎず、あっさりしすぎず。なかなかマグロの柵をカツにするなんて

先日次男がアキバに行ったついでに ヨドバシのレストラン街でひつまぶしを食べてきたそうです。今まで食べたうなぎの中で一番おいしかったと。。ここですな。。■うな匠■ひつまぶし 3200円・・・・・それからしばらく「あのひつまぶしはおいしかった」「名古屋名物」「お

板摺りをしたきゅうりを細く切ってくるんと丸めたらかわいいお花になりました。作り方は簡単。①10㎝~12㎝くらいにカットしたきゅうりに塩を振ってまな板の上で転がします。②半分の厚さにカットして③爪楊枝の厚さを残して薄く切ります。④くるんとまとめて⑤爪楊枝で留め

次男のお弁当のおかずの残りを詰めたお弁当です。この日のメインはイワシと紅しょうがの天ぷら。紅しょうがは王隠堂農園のもの。梅酢で付け込んだ濃いピンク色です。オーガニック食品店で購入しました。イワシにまんべんなく小麦粉をまぶします。水:小麦粉=1:1.2くら

先日、「野菜をたくさん食べようと思ってもどう食べたらいいのかわからない」という話になり、野菜炒めが一番簡単では?とお勧めしてきました。この季節、体を冷やす生野菜より温野菜や炒め物で野菜を食べる方がお勧めです。炒めることで、緑黄色野菜に含まれる脂溶性のビタ

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------久々の長男弁当!・・・次男のお弁当の残りですが子供

ここ数年、子供たちのお弁当のおかずの残りをお弁当箱に詰めて、自分のお昼に食べるようにしています。子供たちが小学生だったころにPTAの本部役員をやらせていただき、ほぼ毎日学校に行くついでに、帰宅途中のスーパーで、ハイカロリーのお弁当を買う日々に10キロ近く太り

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------今日の息子弁当。『豚の生姜焼き、柚子茶入り』です。

-----------------------------------------------------2009年 アメリカから書籍が出版されました(英語)2016年 アメリカから第二弾が出版されました(英語)-----------------------------------------------------昨日の手作り塩鮭のお弁当。作り方は昨日の記事から→

↑このページのトップへ