Categoryタイ料理

昨日、マレーシアご飯祭り(横浜・象の鼻テラス)に行ってきました。実はこれまでマレーシア料理は食べたことがなくて食べるまではピンとこなかったのですが、非常に食べやすいです。アジア料理が苦手だと思っている方にはお勧めです。こちら↓は上からサテパクテー(お肉の

バンコクで2度、台湾で一度、現地で習う現地の料理教室にはまっています。去年は6月と10月にバンコクでタイ料理を。一度目↓二度目↓タイ料理はいろいろなハーブを使います。生姜や唐辛子はもちろんのこと、レモングラスやみかんの葉、パクチーは葉だけでなく、根を使っ

インド料理教室に行ってきました!マサラチャイほうれん草カレー、サフランライス添えサモサグリーンサラダライスプディングというラインナップ。英語で習うことができます。サモサは揚げるのに時間がかかるのでまず最初に。弱火でじっくり両面10分ずつ。皮が厚いので、急い

今日のお昼ご飯はパンシット。フィリピン料理です。ニンニクで香りを出した油で鶏肉、エビ、野菜(キャベツ、人参、玉ねぎ、インゲン)を炒め、醤油、フィッシュソース(ナンプラー)で味を整でて出来上がり!パッタイよりずっと簡単。材料もどこでも手に入るもので作れます

先日の息子弁当。メインはメンチカツです。その他のおかずはブロッコリープチトマトピーマンとナスの揚げびたしひじき煮と黒い春雨のサラダ。茹でチキンときゅうり、コーン、人参と大根を黒い春雨と和えて、少しの寿司酢とマヨネーズで味を調えました。黒い春雨はタイで買っ

「この間のタイカレー、うまかったなー」と長男。マッサマンカレーが気に入ったようです。マッサマンカレーは先日のタイの料理教室でスパイスから作るところを習いました。家で作ったのはもちろんペースト使用ですが今回の旅行は本当に短く、あまりスーパーに行く時間がなか

6月のタイ旅行に引き続き、今回2回目のシーロムタイクッキングスクール。(前回の料理教室の様子はこちら)今回は夫も一緒です^^チョーンノンシーから5分ほどのFurama Hotel周辺の通りでシーロムタイクッキングスクールのスタッフと待ち合わせ。そこから歩いて、ローカルな

これからバンコクへ向かいます。今年3回目のバンコク。今回もLCC(ローコストキャリア)のスクートです。LCCの航空券、時期によってはFSC(フルサービスキャリア)の1/3くらい。今回のバンコク行きは往復で約3万円。新幹線なら東京=大阪間往復くらいの金額です。それで海外

暑い日が続いてますね。そんな暑い日には暑い国の料理を。先日のランチ。トムヤムクンとカオパットクン(海老チャーハン)。カオ=ご飯 パッ=炒める クン(グン)=タイ語でエビ です。カオパット・カイ(チキン)もあります。トムヤムクンはレモングラスこぶみかんの葉

先日のレアチーズケーキを作った残りのプレーンヨーグルト200g(1/2箱)と先日のタイイエローカレーの残りのペースト20gで、タンドリーチキンのようなものが出来ないか、むね肉 1枚とナンプラー 大1砂糖  大1を合わせて漬け込んでみました。横着なので、ヨーグルトの容

先日のお昼ご飯。タイのイエローカレー。あまり辛くなくて、香りがよくて、辛いものが苦手な子供たちはこのカレーが一番食べやすいと言います。(辛いもの好きな私もイエローが一番好きかも)本来は鶏肉(もしくはお好きな蛋白質、エビとか?)とジャガイモなのですが、私は

先日のお昼ご飯。バンコクのスーパーで買ったオーガニックの黒い米麺。MBKの1Fのスーパー(TOPS)で購入しました。パッタイ麺は、パスタや乾麺のように茹でる必要はなく、水かぬるま湯に浸して戻す感じ。(水なら約50分、ぬるま湯なら約30分程度・柔らかくなるまで

なじみのない海外の調味料は、なかなか使いづらいもの。パケ買いしたタイの調味料、残してしまったことも数知れず。その中でコンスタントに買い続けているのがスイートチリソースと、このナムプリックパオ。甘辛の(ちょっとスパイシー)味噌的な調味料。炒め物や、唐揚げの

忘れないうちに旅行のまとめを。長いです!今回もフルに動き回りました。スーパーだけじゃなく、市場も。オートーコー市場を始め、シーロムあたりで迷いこんだローカルな市場などなど。ざつぜんとした市場も好きですし、きれいに陳列されたスーパー(普通に衛生的です)も好

↑このページのトップへ