Categoryお弁当作りのこだわり

年末は大掃除を兼ねてお弁当箱の整理。お弁当箱半分くらいでテーブルが埋まってしまったのでもう一台テーブルをくっつけました。120㎝x60㎝のテーブル2台でお弁当箱約80個。ここには出していない篭のお弁当箱や行楽用弁当箱を合わせたらちょうど100個くらいになると思います

子どもたちのお弁当を作るようになって16年が過ぎようとしています。そうなると結構メインのおかずがマンネリ化してきて、子供たちの好きなもの頼りなのですがそこからの卒業を目指し、少しずつ目新しいものを作ってみたりしています。例えば、●まん丸エビフライのお弁当エ

メインのおかずだけ頑張るお弁当。鶏肉のチリソース弁当です。茹でブロッコリー以外は晩御飯の残りを取り分けておいたものを詰めただけ。涼しくなると、気兼ねなく晩御飯の残りをお弁当に入れることができるので少し楽になりますね。メインのおかずは鶏肉に溶き卵と片栗粉の

お弁当の写真を見返してみたら鶏肉の多いことチキンチャーシューに油淋鶏。息子のリクエストで一番多いのは、お弁当、晩御飯問わず、唐揚げ。子どもたちが好きだというのも理由の一つですが、鶏肉は冷めても、固くなりづらいのでお弁当に向いています。以前もブログに書きま

豚の肩ロースに片栗粉を振って2種類の味付けにしてみました。①塩コショウ②ケチャップ&マヨのオーロラソース豚肉は温かいうちはいいのですが冷めると脂が固まって、身が固くなります。豚肉の脂肪の融点(油が溶ける温度)33~46度。温かいうちは、ジューシーで美味し

今週は海外の調味料を使いながらお弁当を作ってみたいと思います。今日は、7月に台湾に行ったときに買ってきた①ガチョウ油②壷底油精を使ったチキン炒めのお弁当。ガチョウ油にはカリカリのフライドエシャロット入り。香ばしい!壷底油精・・・私はてっきり醤油だと思って

私、調味料が大好きです。海外のスーパーで、目新しい調味料を買うのが楽しみです。そんなことを公言しているので皆さんからいただく海外土産は調味料が多いです。今年はバラエティに富んでいてローマから、トマトペーストとパスタ用の調味料。南アフリカのホットソース。ち

毎日子供のお弁当のおかずの残りで私のお弁当を作っています。こちらは子供たちが幼稚園の時に使っていた280mlのお弁当箱。「足りるの?」とよく聞かれるのですがご飯が120g入っています。だいたい普通のお茶碗一膳分のご飯が150gだそうなので少なすぎるわけでも

バンコクで2度、台湾で一度、現地で習う現地の料理教室にはまっています。去年は6月と10月にバンコクでタイ料理を。一度目↓二度目↓タイ料理はいろいろなハーブを使います。生姜や唐辛子はもちろんのこと、レモングラスやみかんの葉、パクチーは葉だけでなく、根を使っ

悩ましいこの暑い季節のお弁当。おかずは自然解凍できる冷凍食品等でまかなうことができても、主食のご飯をどうおいしく(傷まないよう)食べるか。ネットで「ご飯をお弁当箱に詰めて冷凍して自然解凍で食べてるよ!」という記事を読んで試してみることにしました。味を比較

先週の息子弁当と私のお弁当いろいろです。息子のお弁当を作るときにもう一つお弁当を作っておきます。理由はいくつかあります。①味チェック息子のお弁当と同じ状況にお弁当を保管して味が濃くないか、脂が出ていないかなどチェックするようにしています。 ②健康維持、ダイ

今日のお弁当はまたシャリアピンソースのステーキです。今日はイベリコ豚。火曜:牛肉・イベリコ水曜:鶏木曜:豚肩ロースと4連続で作っているけれど、イベリコ肩ロースが私は一番好きかも。程よく脂が入っていて、冷めても固くなりづらい。肩ロースは温かいうちはいいんだ

今日のお弁当はシャリアピンソースの豚肉焼き。シャリアピンソースを3Sソース(砂糖・酒・醤油を同量)で作れないものかと子供たちに感想を聞きつつ、試作中。次男は今日のソースは味が濃いと申しておりました難しいなー。さて、今日は同じお弁当箱にちょっと違う向きでお弁

毎日2パターンのお弁当を作っています。片方は息子用、小さい方は私のお昼ご飯。基本的におかずは同じです。お弁当として作ったもののサブとして「キャラ」「かわいい」を作ることにしています。来年、シンガポールから本が出版されるのですがその内容のまとめの中で、海外

毎日息子のお弁当のおかずの残りで私のお弁当を作っています。おかずを少し多めに作って一つは息子用に、もう一つは自分用に。大人用のお弁当箱と子供用のお弁当箱、普通のお弁当の詰め方とかわいくする飾り方、一日に二度の研究(?)ができます。キャラ弁ありき。。ではな

↑このページのトップへ