Categoryお弁当作りのこだわり

お弁当を作るとき、できるだけおかずの味付けを変えるようにしています。これが結構むずかしい・・・。気が付くと、醤油ベースの唐揚げ醤油 ベースのきんぴらごぼうm醤油ベースのおひたし・・・だったりして、お醤油味のおかずはご飯が進むのですが自分の課題としていろい

お弁当を作るとき、できるだけ調理方法が被らないように心がけています。たとえばメインが唐揚げ(揚げ物)だった場合、添えるのは、ゆでたまご(茹でる)とマリネ(漬物)だったり、グリルチキンがメインだったら揚げナスとゆで野菜を添えたり。個人的なこだわりなのですが

子供たちのお弁当のある日は必ず自分の分のお弁当も作ります。このお弁当があるかないかで、お昼の充実度が変わってきます。お弁当がない日の私のお昼は素うどんだったり、ゆかりご飯だったり、ひどい時には素焼きそばとかお腹が空いていると作る気持ちの余裕も食べたいもの

お弁当にはできるだけたくさんの色を入れるようにしています。例えばドライカレーにはひき肉と玉ねぎ以外に、人参ナスシイタケグリーンピース、サツマイモ、時に大豆、ピーマンインゲンタケノコレンコンも入ったりします。ピクルスに紫キャベツキャベツ人参きゅうり、大根、

キャラ弁である前にお弁当として成立しているのかどうかは常に考えます。お弁当箱の中に蛋白質、炭水化物、野菜をどう詰めるかの比率が、自分の中では決まっていて、ご飯 1/2蛋白質 1/4野菜 1/4だいたいそんな感じを心がけています。スポーツをされているお子さんは、もう

この4月から、長男は高校3年生、次男は高校2年生に。子供たちに私の作ったお弁当を持たせられるのはあとどのくらいでしょうか。残された機会はそう多くはなさそうです。子供たちが3歳からお弁当を作り始めて、約15年。自分の中でお弁当作りのルールがいくつかあります。その

できるだけいろんな色を使ってお弁当のおかずを作るのが好きです。彩りのよいお弁当の時は(自分で作ったにも関わらず)開けたときのテンションがちょっと高くなるこの日の弁当は紫キャベツのマリネプチトマト(3色、黄色・赤・オレンジ)タコミートレタスウズラの目玉焼きタ

先日のお弁当。子どもたち、雨だというので二人とも早めに家を出て写真を撮る時間がありませんでした。息子たちと同じおかずを詰めた私のお弁当です。この日のメインは●ぶりの塩レモンムニエル&かぼちゃ●ポトフ●キャベツのカレーナムル●ぶどうです。子供たちのお弁当に

先日子供たちに持たせた鮭フライ弁当の残りを盛り合わせた私のお弁当。子どもたちがお弁当を持って行く日は、私も自分のお弁当を作るようにしています。作った自分用のお弁当は冷蔵庫にしまったりせず、冬はキッチンカウンターの上に、保冷材が必要な季節はお弁当用のアイス

お弁当を作り始めて長くなってきた中でのこだわりがいくつか。1.配分①1/2 炭水化物②1/4 タンパク質③1/4 ミネラル・カロチン・ビタミン。海藻や野菜類や果物をバランスよく。息子の場合はタンパク質比率が上がりますが、だいたいこの配分で作るようにしています。2.

↑このページのトップへ