Categoryお弁当作りのこだわり

バンコクで2度、台湾で一度、現地で習う現地の料理教室にはまっています。去年は6月と10月にバンコクでタイ料理を。一度目↓二度目↓タイ料理はいろいろなハーブを使います。生姜や唐辛子はもちろんのこと、レモングラスやみかんの葉、パクチーは葉だけでなく、根を使っ

悩ましいこの暑い季節のお弁当。おかずは自然解凍できる冷凍食品等でまかなうことができても、主食のご飯をどうおいしく(傷まないよう)食べるか。ネットで「ご飯をお弁当箱に詰めて冷凍して自然解凍で食べてるよ!」という記事を読んで試してみることにしました。味を比較

先週の息子弁当と私のお弁当いろいろです。息子のお弁当を作るときにもう一つお弁当を作っておきます。理由はいくつかあります。①味チェック息子のお弁当と同じ状況にお弁当を保管して味が濃くないか、脂が出ていないかなどチェックするようにしています。 ②健康維持、ダイ

今日のお弁当はまたシャリアピンソースのステーキです。今日はイベリコ豚。火曜:牛肉・イベリコ水曜:鶏木曜:豚肩ロースと4連続で作っているけれど、イベリコ肩ロースが私は一番好きかも。程よく脂が入っていて、冷めても固くなりづらい。肩ロースは温かいうちはいいんだ

今日のお弁当はシャリアピンソースの豚肉焼き。シャリアピンソースを3Sソース(砂糖・酒・醤油を同量)で作れないものかと子供たちに感想を聞きつつ、試作中。次男は今日のソースは味が濃いと申しておりました難しいなー。さて、今日は同じお弁当箱にちょっと違う向きでお弁

毎日2パターンのお弁当を作っています。片方は息子用、小さい方は私のお昼ご飯。基本的におかずは同じです。お弁当として作ったもののサブとして「キャラ」「かわいい」を作ることにしています。来年、シンガポールから本が出版されるのですがその内容のまとめの中で、海外

毎日息子のお弁当のおかずの残りで私のお弁当を作っています。おかずを少し多めに作って一つは息子用に、もう一つは自分用に。大人用のお弁当箱と子供用のお弁当箱、普通のお弁当の詰め方とかわいくする飾り方、一日に二度の研究(?)ができます。キャラ弁ありき。。ではな

今日の息子のお弁当は生姜焼きでした!私は豚肉の中では「肩ロース」が一番好きです。野菜炒めでも豚汁でも生姜焼きでも肩ロースの薄切りを使う頻度が非常に高いです。生姜焼きには、ロースの薄切りを使うのが一般的ですが、冷めてから食べるお弁当用には適度な脂肪と赤身が

長男が3歳の時から作り始めたお弁当。今年の春、長男は大学生になりました!子供たちのお弁当のおかずの残りをお弁当箱に詰めて常温で保管、子供たちが持参したお弁当と同じ状況のお弁当をお昼に食べるようにしてきました。そうすると、中には熱々だとおいしいのに冷めると固

私のお弁当箱コレクションです。子供たちが幼稚園の頃からいろいろなものを集めてきました。約150個ほど。キャラ弁を作り始めたころは手あたり次第に購入していました。お弁当を作り始めて15年、わかったことは、たくさん持っていてもよく使うお弁当箱は限られているというこ

新年度が始まりました!また年号も変わり、新しい時代もスタートします。身はオールドですが(笑)心はフレッシュマンの気持ちで、新しい時代を駆け抜けたいと思います。さて、これからお弁当作りが始まる方もいらっしゃるかと思います。私の基本はご飯をお弁当箱の半分、蛋

SNSにずらっと並ぶ常備菜。見事です。美しいですが、私は常備菜を作りません。理由はいろいろですが、①ある程度の日持ちをさせるには、味を濃くしなくてはなりません。②冷蔵庫保存とは言え、3,4日たったものを食べたくない。③食べたいと思ったものをその時に食べたい。

Eat the Rainbowという言葉を常に念頭に置いてお弁当を作るようにしています。厳密には、いろいろな色のフルーツ、野菜を食べるとビタミンやミネラルが簡単に摂取できるので、体にいいですよ、と言うことらしいですがそれはお弁当にも当てはまると思うのです。いろんな色の食

お弁当を作るとき、できるだけおかずの味付けを変えるようにしています。これが結構むずかしい・・・。気が付くと、醤油ベースの唐揚げ醤油 ベースのきんぴらごぼうm醤油ベースのおひたし・・・だったりして、お醤油味のおかずはご飯が進むのですが自分の課題としていろい

お弁当を作るとき、できるだけ調理方法が被らないように心がけています。たとえばメインが唐揚げ(揚げ物)だった場合、添えるのは、ゆでたまご(茹でる)とマリネ(漬物)だったり、グリルチキンがメインだったら揚げナスとゆで野菜を添えたり。個人的なこだわりなのですが

↑このページのトップへ