Category普通のお弁当

長男の大好きな焼きそば。『週一焼きそばでも全然OK!』と言うくらい好きです。とはいえ、食べたいときに必ず家に焼きそばがあるわけではないのでパスタで作ってみました!一つだけ面倒な材料は『重曹』です。これがあるとツルツルのパスタがもちもちの中華麺風になります。

私の定番の調味料の3Sソース。砂糖(sugar)酒(sake)醤油(soy sauce)を同等使った簡単で万能なソースです。そぼろや照り焼きにも使えます。そんな3Sに酢を加えて4Sソースにしてみました!砂糖・酒・醤油・酢を同量合わせるだけの甘酢炒めです。鶏肉は塩、酒、生姜に10分

お正にマグロ(柵)をもらったものの、食べ切れなかったので冷凍しておきました。そのマグロをミンチにして玉ねぎと合わせ、ハンバーグのように焼いてみました。赤身のマグロなので、お豆腐を足して少しふんわりさせました。玉ねぎはみじん切りにしてあえて火を通さずにマグ

晩御飯の残り●なんちゃってラーパーツァイ(辣白菜)●しめじのナムルお弁当&朝ごはんの残り●ブロッコリー●プチトマト●目玉焼きお弁当の残りのブロッコリーとトマトを取り分けておいて目玉焼きも一つ多めに作っておきました。プレート用に作ったのは豚キムチだけです。

お刺身のブリの残りと紅白なますを使って、チキン南蛮ならぬ、「ブリ南蛮」を作ってみました。①ブリに塩コショウで下味をつけた後、溶き卵にくぐらせる。②片栗粉をまんべんなくまぶし、170度の油で3分ほど揚げる。③小鍋に砂糖 小1酒 小1醤油 小1黒酢 小1を合わせ

以前から作ってみたいと思っていたアドボのパウダーを見つけたので、作ってみました。一袋に対して、1キロのお肉が必要とのことなので取り分けておいて、翌日のお弁当に。検索すると、アドボのお肉は豚バラだったり、鶏肉だったりいろいろですが、豚だったり鶏だったり、骨

子どもたちのお弁当を作るようになって16年が過ぎようとしています。そうなると結構メインのおかずがマンネリ化してきて、子供たちの好きなもの頼りなのですがそこからの卒業を目指し、少しずつ目新しいものを作ってみたりしています。例えば、●まん丸エビフライのお弁当エ

玉ねぎの輪切りに豚バラの薄切りを巻き付けてフライにしてみました!朝が早くて画像が暗いですが、中心部分を抜いて、ドーナツ状になった玉ねぎに薄切りのバラ肉をぐるぐる巻きつけます。塩コショウを軽く振り、小麦粉溶き卵パン粉の順に衣をつけて170度の温度の油で揚げたら

イワシのかば焼きのお弁当です。お弁当箱の中にはご飯いわしのかばやきご飯いわしのかばやきの2段になっています。かば焼きたれは3Sソース(砂糖:醤油:酒=1:1:1)+酒大1を合わせたもの。動画の練習中です。ソーセージでストップモーションアニメを作ったら楽しそ

豚肉だったら適度な赤身と適度な脂のある肩ロースが好きです。お弁当に入れても固くなりづらい部類のお肉ではありますが冷めると脂が固まってパサつかないわけではない・・・。今日は、豚の肩ロースを①塩コショウのみで焼く②前日から味噌に漬けこんでから焼くの2種類をお弁

今日のお弁当のおかずはコーンフレークチキンフライ!右と左の色が違うのはちょっと右の方を揚げすぎてしまったから・・・・・コーンフレークは砂糖なしの「プレーン」を使います。手順は普通のフライと同じ。下味をつけた鶏肉に、小麦粉溶き卵を付けて、その次にコーンフレ

先日、「お弁当は3分で作れるのか?」と思い立って作ってみた「冷凍チャーハンの素」  を使ってお弁当を作ってみました。も冷凍したチャーハンの素をレンジで3分解凍、味付けしてあるので炊き立てのご飯に混ぜるだけ!レンジでチン3分+混ぜる1分、正味3分半! ■材料■(

どこぞのエライ人が「弁当なんて3分で作れる!」と言ったそうなので私も全力で作ってみた!3分では無理でした・・・・・。ハムエッグ照り焼き弁当・・・。テンパって目玉焼きつぶれてます・・・調理だけで6分。準備も調理も詰め、ご飯を冷ます、もろもろの工程を含めたらその

ハンバーグの上にチーズを乗せてさらにその上に、茹でたお花にんじんを乗せてみました。葉っぱを添えれば、超ファンシーに「ちいさなかわいいお弁当」吉田瑞子さんの本を参考にしました。今日のメインはハンバーグです。この季節の冬キャベツは巻きがギュッと固く、葉が厚い

次男は肉じゃがが大好きです。晩御飯に肉じゃがを作ると「うぇーーい!肉じゃがーー!!」と、めちゃくちゃよろこびます(笑)とはいえ、お弁当には肉じゃがだと汁気が多いのですき焼き風に濃いたれに絡め、牛丼風に紅ショウガで味のアクセントを、肉じゃがのじゃがを残し、3

↑このページのトップへ