6月のタイ旅行に引き続き、今回2回目のシーロムタイクッキングスクール。
(前回の料理教室の様子はこちら)
今回は夫も一緒です^^

チョーンノンシーから5分ほどのFurama Hotel周辺の通りで
シーロムタイクッキングスクールのスタッフと待ち合わせ。

そこから歩いて、ローカルな市場へ向かいます。
IMGP6404
前回はモーニングクラス(9時半~)で
今回はアフタヌーンクラス(13時40分~)
朝に行った方が市場の活気がありますね。
IMGP6394
お昼を過ぎるとほぼクローズ状態。
残念・・・。

篭の中身は青いパパイヤ。
ソムタムに使います。
IMGP6391-001
今回は初めての夫に合わせて、私も初心者コースを一緒に受講しました。
前回と同じお部屋です。
IMGP6409
フレッシュなココナッツから、ココナッツミルクを作ります。
トムヤムクンとマッサマンカレー、デザートに使います。
IMGP6411
今回教えていただいたのは
●トムヤムクン
●パッタイ
●マッサマンカレーペースト
●マッサマンカレー
●ソムタム
●マンゴーともち米のスイーツ

日本では見られない野菜がいっぱいです。
なすもちょっと違う。
長細いパクチーファラン。これがすごくいい香り!

唐辛子は輪切りにすると辛くなる、赤が緑より辛い、ので
赤トウガラシ&輪切り>赤トウガラシ&縦に切れ目>青唐辛子&輪切り>青唐辛子&切れ目

切り方で自分の好みの辛さに調節します。
IMGP6417
これはトムヤムクンの材料。
クン=エビなので
トムヤムカイ(チキン)
トムヤムムー(豚だったか牛だったか・・・💦)
好きなようにアレンジしてよいとのこと。

こぶみかんの葉っぱ。これもまたよい香り。
IMGP6422
タイ料理はとにかく強火で。
ナンプラーの塩気が強いので塩は料理に使わないとのこと。
IMGP6431
あっと言う間にトムヤムクンの出来上がり!
IMGP6433
つぎはパッタイ。
IMGP6444
もやしとニラと豆腐!
豆腐は日本のものより固め。厚揚げの白い部分に似ています。
調味料は
●ナンプラー
●ピーナッツ
●チャイポー(たくわんで代用可)
●タマリンドペースト(梅干しか酢で代用)
●パームシュガー(黒砂糖で代用)
●一味唐辛子
です。

こちらも火は強火。
IMGP6447
麺以外の調味料、材料を全部入れて、混ぜ合わせたら
麺を入れてひたすら強火。

鍋をゆすって炒めるのはNG。
火から遠ざかっちゃいますからね。
IMGP6448
はい、出来上がり!
IMGP6449
次はソムタムを。
いんげんとパパイヤ、トマト、人参で作ります。

タイ料理の中で私が一番好きだと言っても過言ではないソムタム。
IMGP6452
トマトの果汁とライムが合わさって
さわやかな辛さでした!
パパイヤじゃなくて、大根で作ってもよさそうです。
IMGP6457
夫が大好きなマッサマンカレー。
こちらも強火でサラサラ状態から、とろみがつくまでかき混ぜます。
IMGP6461
和食だと、ぶくぶくさせながら煮ることがないので
ちょっとためらっちゃいます。

マッサマンはもともとイスラムから来たカレーで
スパイスが少しタイのものとは違うそうです。
クミンやクローブなど、確かにインドっぽい。
IMGP6464
マンゴーともち米のデザート。
格子に切り込みを入れて、ひっくり返したら
IMGP6434
おしゃれな感じに(笑)
IMGP6439
これにもち米と、ココナッツミルクを合わせていただきます。

最初は夫は
「米が甘いのはちょっと。。。」と引き気味でしたが
「おはぎと同じだよー、大丈夫だよー!」と背中を押したら納得。
IMGP6465
タイのもち米は固めでさらっとしているので
(日本のお米のように粘着した感じはない)
「道明寺みたいでいける!!」とのこと。

だいたい14時から17時くらいまで、3時間かけて料理をしながら
食べるのでお腹いっぱいになります。

これで900バーツ(2700円)レシピ付きです。
かなりお得だと思います。

今回、料理教室の予約をする際に
前回教えていただいたケイト先生のクラスを受講したいとお願いしましたが
スケジュールの都合で叶わず・・・。

と思ったら、
偶然ケイト先生に会うことができて、ちょっと立ち話し。

『次回はアドバンスクラスで、自分のクラスを受講すること!
その際は3回目のレッスンと言うことでディスカウントもあるから!』


ということで、またタイに行く理由ができました(笑)

次回はぜひケイト先生でパッシーユ(タイの炒め太麺)を習いたいと思います!!

私が行ってきたのは
シーロムタイクッキングスクール
英語でのレッスンですが、中学生レベルの英語で大丈夫。
英語が話せない夫も楽しんでました!