シンガポールでのお弁当デモのおさらい。
シンプルなおにぎりから、丸い型一つでいろいろな動物を作ることができます。

ベースはみな同じ。onigiri1
くま、ぶた、うさぎ、犬、にわとり(ひよこ)が作れます。
onigiri3
くまとぶたはほぼベースが同じ。
お鼻の形を変えただけ。
onigiri6
お耳がくっつかないときは
調理前のパスタを使うといいです。
作って1、2時間後には、ご飯の水分を吸ってパスタが柔らかくなっています。

onigiri7
うさちゃんとワンちゃん。
お耳の向きが違うだけ。

丸い型のエッジを使って
お耳を作ります。
onigiri8
にわとりくんのトサカ。
(トサカを付けないとひよこちゃんになります)
丸い型で抜いた後、☆の型の角で
切り込みを入れてトサカを作ります。
onigiri9
お口も落ちそうな時は
パスタをつかってくださいね。

おにぎりでくまちゃんのお耳を作るのはハードルが高いけれど
型を使えば丸いおにぎりのバリエーションが広がります。