昨日の夜、無事にシンガポールから戻ってまいりました。
家の中がso messy(めっちゃ散らかってる)です。

私の頭の中もまだ英語と日本語で散らかっております(笑)

シンガポールは大都会だとは聞いておりましたが、
本当にきれいな街でした。
日本人の方は住み心地がよいでしょうね。
物価は東京以上ですが。
IMGP2455
そんなシンガポールで感動したのがGrab(タクシーを呼ぶアプリ)です。
欧米だとUber(ウーバー)が主流のようですが、
日本にもあるといいのにとつくづく思いました。

これまでのタイ旅行では
行き先を告げて、値段交渉、なのに遠回りされて乱暴な運転をされるとか
タクシーは非常にハードルが高かったのですが
Grabだと超簡単。

電車の駅もない、バスは全く分からないときには
さくっとGrabります。
IMGP2546
スマホにGrabのアプリをダウンロードして、
gras
立ち上げると
自分の居場所がGPSでポイント&住所(もしくは建物名)が
自動的に示されます。

あとは行き先(destination)
を打ち込むだけ。

そうすると近くにいるGrabのタクシーが出てくるので
一番近いとか
一番安いとか
お好みの一台を選べばOK。
グラブ7
ドライバーは乗せたお客さんから★マークでフィードバックされているので
金額以外に
星の数で選んでもいいかもしれません。

現在乗せているお客さんを降ろしてからくる場合もあります。
あと8分ほどで到着とのこと。

ドライバーの名前・顔写真、車種、ナンバーも表示されます。

グラブ8
ドライバーが近くに来ると
「ドライバーが到着しました。
5分以内に来ないと別料金が発生しますよ」
とのメッセージが来ます。

私はいつも
「OK(ちゃんと待機してます)」を入れますが
多分入れなくてもいいのかもしれないです。

グラブ3
表示されていた車のナンバーと車種を確認して
行き先か自分の名前を言えばOK.

Grabにクレジットカード情報を入れておくと
乗って降りてサンキューで終わりです。
金額は最初に表示された料金のみ。

領収書はメールで届きます。

シンガポールでは電車にも乗りましたが
最後の方はタクシーが楽なので、タクシー三昧でした。

ただ一つ難点は
立ち寄る場所が2か所以上あるとちょっと面倒だということ。

シンガポーリアンの友人と一緒にご飯を食べ、
私のホテルと、彼女の家と
順番に寄ってもらおうと思ったら、ダメだと。
一度降車して、また別のタクシーを呼ぶ必要があります。

来月のタイ旅行でもぜひGrabろうと思います。

旅の範囲が広まりそうです。