今回のタイ旅行のメインのタイ料理教室!!

朝8時40分にチョーンノンシー駅の券売機の前で
料理教室のスタッフと待ち合わせ。
IMGP7455-001
駅から徒歩5分ほど、先生の待つ街角まで移動。

ここから先生の引率で市場へ向かいます。
生徒さんたちは、コリアン、日本、マレーシア、フランス、インターナショナルです。
説明はすべて英語ですが、中学レベルの英語で大丈夫。

みんな買い物かごを一つずつ持って、先生が食品の説明をしながら
IMGP7492-001
それぞれのかごに、今日使う生鮮食品を入れていきます。
私は、中身を粉砕したココナッツ担当!

こぶミカンとこぶミカンの葉っぱ。
IMGP7465
こぶミカンの葉っぱは近所のタイ食材屋さんでは見たことが
あったけれど、
こぶミカンは初めて!

本当にこぶこぶ。

これはターメリック。
IMGP7463
中をぽきっと折ると、オレンジ色の鮮やかな断面が見えます。

この後はトゥクトゥクで教室まで移動。
料金は料理教室代に含まれています。
IMGP7522
面倒な金額交渉や行き先を告げる必要はなし!

スクールはかわいらしい一軒家。
IMGP7524
これだけでテンションが上がってしまう!
あちこちにアジアンな雑貨がたくさん飾ってありました。
IMGP7531-002
再度、先生から教室で使わないものも含む野菜の説明。

タイではこちらのチリ(プリッキーヌ:小さいけどものすごく辛い唐辛子)
を使うんだけれども、今日はあまり辛くないこっちで
』みたいな。

バジルも
ホーリーバジル
スイートバジル
ライムバジル
があると教えていただきました。

日本で見るバジル(イタリアン?)とは香りが全く違う。
あれほど香りが濃くなくて、
タイのバジルはもっとさわやかで柔らかい。ミントっぽい香りもする。
IMGP7554
最初はトムヤムクン。当たり前だけど使うのはスパイスのみ。
ペーストとかじゃない。
IMGP7570-001
調理台は一人一台ずつあるのがいい!!
IMGP7547-001
先生の説明に沿って作っていきます。
IMGP7582-001
あっという間にトムヤムクンができました!

先生が
「インスタ映えするように」とピーマンとパクチーを飾ってくれました。
エビが沈んでるときには、見栄えがいいようにエビをトップに
乗せなおしてくれます(笑)
IMGP7592
ダイニングで、できたものから順番に食べていきます。
トムヤムを食べている間に、
別室には一人分ずつの材料・調味料が並べられています。
IMGP7617
次はパッタイ!
タイでは生パッタイ麺もあるんですって!
IMGP7618-001
次回タイに行くときは
朝便で帰ろう。
前日に生麺を買ってチェックアウトギリギリまで冷蔵庫にしまっておいて、
クーラーボックスに入れて持って帰ろう。
IMGP7628-001
お皿もかわいい。

先生のラープサラダのデモンストレーション。
IMGP7648
ラープは鶏肉でもポークでもいいんですって。
ラープサラダはオイルを使わないからヘルシーよ、とおっしゃってました。
・・・・砂糖はめっちゃ入ってましたが

次はメインのグリーンカレーペーストから作るグリーンカレー。

グリーンなのは青い唐辛子を使うからだそうです。
IMGP7649

これがまぁー大変
IMGP7652
こぶミカンの皮、
パクチーの根、
レモングラスなどをとにかくみじん切り。

それぞれの野菜を分担して細かくカットしていきます。
私はレモングラス担当。

Like this? (こんな感じ?)
Is it done? (できてる?)
何度聞いても
Smaller (もっと小さく)
Super finely! (ちょー細かく!)

それらを石うすにまとめてつぶしていきくのですが
杵(?)が重い。
IMGP7654
先生は
プロセッサーで混ぜてしまうと、プロセッサーの熱で
香りが飛んでしまうとおっしゃってました。

ちょっと石うすが欲しくなったけれど、小さいのでもかなり重い。
確実に、飛行機の預け荷物の超過料金取られます。

・・・・・新大久保か錦糸町で買います。

タイ料理は、日本料理のように調味料を入れる順番もなく
火は常に強火、
パッタイは叩くようにして炒める(味・具材が行き渡るように)
フライパンは振らない(火から遠くなってしまうので)
IMGP7574
本で読んでいるだけでは、わからないことだらけでした。

本当はタイカレーもとろみがつくまで火を入れるそうです。
お金も時間ももったいないから
さっと火を通して終わりにしちゃう場合が多いのだとか。
IMGP7656
タイ米とタイカレー。

私、トムヤム、パッタイ、ラープサラダ、タイカレーと完食いたしました!
やっぱりタイカレーにはタイ米です。

日本だとジャスミンライスしか手に入らないけれど
普通のタイ米でもおいしい。
IMGP7659
最後はマンゴーとココナッツミルクで和えたもち米のデザートまで。

もちろんすべて完食です!

今回、すべての料理を生鮮食品で作ることから
ベースの味がわかったのがよかったです。

日本では手に入らない材料があったとしても、
ペーストを使ったとしても、
代替品の見当がつきます。

最後にはその日に習った料理とそのほかのタイ料理のレシピをもらえます。

私だけは英語でしたが
別の人は日本語のレシピをもらえてました。
IMGP8252
サイトには1000バーツとありましたが
日本人だけは900バーツです。

あまりにも楽しかったのでぜひまた習いに行かなくては。。。

今年は長男の受験があるから、年内は無理かなーと思いつつ、
帰ってきたその日からまたバンコク行きの飛行機の値段をついついチェックしてしまう私。

夏には撮影でシンガポールに行くので、
秋口に弾丸で台湾に2泊くらいで行ってくるか、
受験が一段落した冬にタイにもう一度行くか・・と妄想中。

海外旅行に行きたい熱がふつふつと湧き上がってきています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
シーロムタイクッキングスクール
68 Trok Waiti Alley, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak,
Krung Thep Maha Nakhon 10500 Thailand