あれからはなは元気がありません。

というか、私を見ると逃げます。
イカ耳どころか、ぺったんお耳で次男のベッドの下にすーっと逃げます。

次男のベッドの下に置いたご飯の器は空になっているので
病院のお注射が合わなかったというわけではなさそうですが、
かなり距離を取られています。

まるで初めて我が家に来た時のように。
IMGP2061
まろ&はなが我が家にやってきて、3年が過ぎました。

自分が「こうだろう」と思っていた猫に対するイメージは
いい意味でも悪い意味でも、覆されることばかりです。

はなに
「病院怖かったね。頑張ったね」と
声を掛けたり撫でるのは、今回はやめにしました。

今は「病院へ連れて行った私が嫌い」なのだと思います。
診察室の中で聞こえていたのは先生の声と、

私の声。

もう、私の声は聴きたくないみたいです。

猫だって放っておいてほしいときもある。

はなが「怖かったの!!」とそばに寄ってくるまで待ちます。
そうしたら手を出してみようと思います。
_IMG8885