「7時にご飯でいい?」
一応、毎日子供たちにはご飯の時間を声かけしますが、

「やっぱり友達と食べてくる」
とか
「疲れたから寝る」(で、朝まで起きてこない)とか、
予定通りにはいかないときもあります。

そんな前日の晩御飯の残りの焼き塩サバを、炊きたてご飯に混ぜ込みました。

□塩サバご飯□
ご飯   茶碗2~3杯程度
塩サバ(焼いたもの) 1切れ
大葉    3枚
白ごま  大1
塩   少々

ざっくりな分量ですが、塩の加減を間違えない限り失敗のない混ぜご飯です。

①炊き立てのご飯に、ほぐして骨を取った塩サバと細切りにした大葉、塩を混ぜ合わせ
最後に白ごまを振る。


お好みで、細かく刻んだカリカリ梅を混ぜてもいいかもしれないです。
_IMG5460-001
焼き塩サバご飯に添えたのは、
ゴーヤ入りのジャーマンポテト風炒め物。
_IMG5421-001
ゴーヤは、塩を振って20分ほど置いておき、そのあと1分熱湯でゆでます。
ゆであがったら水で粗熱を取り、水気を手で絞っておきます。

こうすると、ゴーヤの苦みが抜けて、ゴーヤが嫌いな子供達も(なんとか)食べてくれます

今回は、ガーリックの香りとベーコンの脂で
ゴーヤチャンプルとか
ゴーヤのサラダとか
ゴーヤのおひたしに比べて、若干食べやすくはなっていたようですが、
まぁ、ゴーヤが好きじゃない人はずーっと好きじゃないからなぁ・・・

ゴーヤ好きな私は、ゴーヤ入りジャーマンポテト炒め、おいしかったですけど!!
子供たちは速攻、ゴーヤだけ先に食べてました(笑)