ここ一年ほどかかっていた皮膚科の動物病院から
はなを、もとのかかりつけの動物病院へ戻すことに決めました。

はなもまろも、保護団体の方に拾われた時から、アトピー以外は全部ここで診てもらっていました。 
IMGP8324
はなは夜になると私から逃げるようになりました。
皮膚科でもらったシクロスポリンを寝る前に飲まされるからなのですが。

明らかな改善の兆しが見えないまま投薬を続けてもよいものか、
違う方法はないのか、
というのを、先日かかりつけのドクターに相談し、再度治療をここ(かかりつけ)で模索してみようということになりました。

皮膚科の先生がはなを見てくれたのはこの1年半のうち最初の2度だけ。

「治ったら見せに来て」
「薬を取りに来るだけでもいいですよ(はなちゃん、連れてこなくても)」

病院が嫌いな子への配慮もあったかと思います。

反面、かかりつけに戻ったら、
月に一度ははなの大嫌いな動物病院で受診しなければならないというジレンマはありますが、
ここのドクターは、中腰になってはなの目線に合わせて、
頭をなでなでしながら話をしてくれます。

はなに説明するように。

いい先生です

先週、ステロイドと抗生剤を注射してもらいました。
一か月は洋服を着せて様子を見ることになりました。

とりあえず5日目。
IMGP7832-001
このところ涼しい日が続いているので助かります。

はなはお洋服を脱がせてほしくて、ちょこんとパソコンの横に座って私の顔を見上げますが
もう少し我慢。

お願いをするような目で見つめられると、ついついかわいそうになっちゃうけど
私も我慢です。