IMGP8480
はなにはアトピーかアレルギーがあるようです。

シクロスポリンの服用と、療養食(ロイヤルカナン低分子プロテイン)、ハウスダスト除去、毎日の拭き掃除、フロントラインプラスは欠かせません。

はなのために、リビングのユニット畳は処分しました。
布団も毎日干します。

それでも完治しません。

油断すると、すぐにカイカイ(かゆみ)とお腹の舐め癖が始まります。
一度は舐め癖が治まって、ふさふさになったのですが
今はまるっとお腹の毛がありません。

ドクター曰く、

「猫のお腹には舐めるとアドレナリンが出るので、
不安の強い猫ちゃんはどうしてもお腹をなめてしまう」

はなはとても神経質な子で、家の「ピンポーン」が鳴っただけで、どこへ隠れようかと右往左往します。

家族にはお腹を見せて甘える、末っ子気質のかわいい子なのですが。

思えば、わが家に来て2か月後、
お顔をひっかきすぎて眼球まで傷つけてしまった時から、もう1年。

ずっとはなの病院通いが続いています。
IMGP7750
試行錯誤して、
私の靴下でお洋服を作ってみたり、

徐々に大きくなるにつれて、夫の着なくなった長袖シャツで作ったり。
クリアファイルのエリザベスカラーは常備してます。
IMGP7186
安価なワンちゃん用のお洋服を代用にしようかと思いましたが、
どうしてもお腹が出てしまうんですよね。

なんとかしてお腹を舐めないようにしたいのですがなかなか難しいです。

舐める隙を与えないよう、遊んだり、隠れる場所を作ったり、不安を取り除く努力はしているのですが。。。。

はなは、夫が捨て猫シェルターで一目ぼれして、その場で引き取りを即決した子です。

IMGP2377
せっかくのご縁、幸せに暮らしてもらいたいものです。